« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月28日 (火)

7月25日 VS ソルジャー戦

SCL 第5節 昨年度 チャンピオン選手会ソルジャーズとの 肉骨茶生き残りを掛けた戦い。 

1回にイキナリ 曖昧なプレーで先取点を許す。基本は内外野の中間のフライは後ろから前の外野が積極的に声を出して取りに行くのが鉄則!!肉のこの頃を見ていると内野を含め自分が取れると思った球は声を出してとりに行く姿勢や指示の声があまり聞こえない、何か中途半端で外から見てると誰が捕るの??次どこに投げるの??って感じてしまう。。。 

その後、両チーム得点を許さず、緊迫した展開で 5回裏 名古屋から遥々参加の國枝元首相のファーボール+盗塁からチャンスを作り、本日好投している木村のセンター前(後逸)にて同点、3塁を狙った木村は微妙なタイミングではあった物のタッチアウトで追加点のチャンスを逸す。 その後エラーにはならずも ギクシャクしたプレーが続き3点勝ち越される。

最終回 脇腹痛を押してマウンドに上がった武藤が素晴らしい投球をするも2点追加点を取られ万事休す...

攻撃面では、いい当たりが正面をついたりと不運もあったが、ソルジャーズが自分の仕事を確実に全員が遂行しているように見えたのに比べ、肉骨茶は淡白な打撃が目立つ、特に先頭バッターが出塁するも、運動不足で急遽キャッチャーをした村田の2併殺は非常に痛いプレーであった。

エース木村は最高のピッチングをするも、SCLの高い壁に跳ね返される形であったが最近の何試合かではベストゲームであったことは間違いない、少し辛口な表現もありますがSCL残り1試合、反省することは反省して、全力で望んでやりましょう!
#0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »